MENU

コンテンツ制作ポリシー・編集基準

海外FX研究所のコンテンツ制作ポリシー・編集基準についてご紹介します。

海外FX研究所のコンテンツ制作ポリシー

海外FX研究所は、海外FXに関する知識が豊富な小倉空が運営するインターネットメディアです。

海外FX研究所は、以下の制作ポリシーに基づき記事コンテンツを作成しています。

正しい情報を正確に伝える

現代社会はインターネットの発展により、インターネット上やSNS上に多くの情報量に溢れています。

検索エンジンで上位表示される記事の情報が、正確な情報とは限りません。

そこで海外FX研究所で記事を執筆する上で、以下のような情報に基づいて執筆をしています。

海外FX研究所の情報ソース
  • 海外FX業者の公式サイトなどの一次情報
  • 筆者が実際に利用して得た情報
  • 海外FX業者の日本人担当者から得た情報

海外FX研究所の管理人である小倉空は、正しい情報を正確にお伝えします。

最新情報を迅速にお届け

海外FX業界は、数多くの企業が存在するため、ボーナスキャンペーンの更新や、機能に関するアップデートが日々行われています。

検索結果で上位表示される記事の中には、情報が更新されずに古い情報のまま公開されている記事があります。

海外FX研究所では、毎日公式サイトをチェックし、毎日情報を更新し続けています。

海外FX研究所のコンテンツ制作体制・流れ

海外FX研究所のコンテンツ制作体制・流れをご紹介します。

コンテンツ制作体制

海外FX研究所では、記事構成の立案・記事作成・情報精査・情報更新の全ての制作過程を、海外FX研究所の管理人である小倉空が担当しています。

読者が求めている情報を、正しく正確にお伝えするために、抜かりのない制作過程の元、当メディアを運営をしています。

コンテンツ制作の流れ

海外FX研究所のコンテンツ制作の流れは以下の通りです。

STEP
記事構成の立案

海外FX研究所で公開する記事のタイトルと記事構成を、作成します。

この際に、海外FX業者の公式サイトなどの一次情報を基に作成します。

STEP
記事作成

公式サイトの情報と実体験を基に、記事執筆を進めていきます。

STEP
情報精査

記事の執筆が完了したら、もう一度海外FX業者の公式サイトや、政府機関の情報と比較しながら情報の精査をします。

海外FX研究所では、海外FX業者の公式サイトなどの一次情報に加えて、金融庁消費者庁日本証券業協会国民生活センター日本取引所グループなどの政府機関の信頼性の高い情報とも比較をしています。

STEP
情報更新

公開した記事の情報が古い情報となり、読者に間違った情報を提供するのを防ぐために、毎日該当する海外FX業者の公式サイトを閲覧し、必要に応じて情報を更新しています。

海外FX研究所のコンテンツ制作の流れは以上になります。

海外FX研究所のリーガルチェック

海外FX研究所のリーガルチェックをご紹介します。

参照・引用サイトについて

海外FX研究所は以下の政府機関が運営する公式サイトに基づいて、リーガルチェックを行っています。

紹介する海外FX業者が所有している金融ライセンス

海外FX研究所では、信頼性の高い金融ライセンスを所有している海外FX業者を厳選してご紹介しています。

実際に参考にしている金融ライセンスは以下の通りです。

  • セーシャル金融庁(FSA)
  • モーリシャス金融庁(FSC)
  • キプロス証券取引委員会(CySec)
  • 英国金融行動監視機構(FCA)
  • オーストラリア証券投資委員会(ASIC)
  • ベリーズ国際金融サービス委員会(FSC)
  • ドバイ金融サービス局(DFSA)
  • キュラソーおよびシンソ・マールテン中央銀行(CBCS)
  • 英領バージン諸島金融サービス委員会(FSC)
  • 南アフリカ金融業界行為監督機構(FSCA)

当サイトで掲載している情報は、該当する海外FX業者の公式サイトなどの一次情報と、金融庁消費者庁日本証券業協会国民生活センター日本取引所グループの政府機関が発信している情報を元に、管理人である小倉空がコンテンツ制作ポリシー・編集基準に則り独自に作成しています。海外FX業者の記事を作成する上で、海外FX業者間での金銭等の受け取りは一切ございません。また、本サイトに掲載している全ての記事や情報等については、内容や表現に十分注意を払っておりますが、提供する情報について確実性・正確性・完全性・有用性を保証するものではありません。本サイトの掲載内容は、予告なしに変更することがあります。本サイトの提供する情報を利用することで、読者様が被った金銭的損害、その他の損害について、管理人である小倉空および情報提供元は一切の責任を負いません。当サイトは海外居住者を対象としたものであり、日本在住者に向けた勧誘を意図したサイトではありません。