MENU

Exness(エクスネス)の証拠金維持率・必要証拠金・有効証拠金の計算方法

FXトレードの世界には、証拠金維持率必要証拠金有効証拠金などといった一見小難しいような数字の計算に関連する単語が存在します。

加えて、これらの計算はFXトレードをする上で非常に重要な単語です。

特に、Exness(エクスネス)のレバレッジは業界で唯一無二の無制限レバレッジを利用することができる海外FX業者業者です。

重要な単語ですが、計算をするとなると意外と簡単に計算できて、すぐに理解できるような内容です。

本記事では、算数や数学が苦手だという人でも簡単に理解ができるように完全解説します!

\ 無制限レバレッジはココだけ /

目次

Exness(エクスネス)のロスカット水準

証拠金維持率について解説する前に「ロスカット水準」という単語の意味を理解しておかなければなりません。

Exness(エクスネス)に限らず、全ての海外FX業者がロスカット水準というシステムを採用しています。

ロスカット水準とは、FX業者が定める、証拠金の割合が含み損によってある一定の割合に達したときに強制ロスカットが発動する水準のことを指します。

また、Exnessの口座タイプ5種類ありますが全ての口座タイプにおいて、ロスカット水準は0%です。

これがどういうことを意味するかというと、資金がゼロになるまで含み損に耐えることができるという意味です。

分かりやすいように具体例を用いて解説します。

  • 証拠金10万円
  • ロスカット水準は20%

このような状況下で、エントリーをしそのポジションが含み損を5万円を抱えています。この段階では10万円に対して5万円の含み損なので、証拠金の割合は50%です。

その後、更に損失方向にチャートが動いて含み損が8万円になりました。10万円に対して含み損が8万円なので、証拠金の割合は20%になってしまいました。

ロスカット水準は0%なので、この時点ではまだ強制ロスカットはされません。

しかしその後、もっとチャートが損失方向に動いて含み損が一瞬10万円になりました。

この時点でポジションは強制ロスカットされ、証拠金残高はゼロになります。

ロスカット水準が0%だとチャートが大きく動いてマイナスになって追証が発生することはないの?」と疑問に思う方がいるかもしれません。

ご安心ください!Exnessはゼロカットシステムを採用しているので、追証が発生することは絶対にありません!

Exnessの強制ロスカットや追証・ゼロカットシステムについて詳しく解説した記事がありますので、気になる方はこちらの記事も合わせてご覧ください。

FXトレードには、「必要証拠金」「有効証拠金」「証拠金維持率」という証拠金に関する3つの単語が存在します。

いずれもトレードをする上で非常に重要な単語なので、しっかり把握しておきたい単語です。

それでは、必要証拠金・有効証拠金・証拠金維持率の順で計算方法を含め解説していきます。

\ 無制限レバレッジはココだけ /

Exness(エクスネス)の必要証拠金の計算方法

必要証拠金とは、ある特定の通貨取引量とレバレッジを用いてトレードをする際に必要な証拠金額のことを指します。

Exness(エクスネス)における、必要証拠金の算出は以下の計算式を使って算出することができます。

必要証拠金(円) =為替レート×ロット数÷レバレッジ

例えば、為替レートが1ドル=150円の時に、1ロット(10万通貨)でレバレッジ100倍で取引する際の必要証拠金は以下の通りです。

150円×100,000通貨(1ロット)÷100倍=150,000円(必要証拠金)

ロット数とトレードに掛けたいレバレッジが決まっている場合は有効な計算式ですね。

ロット数とレバレッジを考慮した上で初心者の方でも分かりやすく、ロット数の調整方法を解説した記事がありますので、ロット数の計算方法が分からないという方はこちらの記事を必ず見てください。

Exness(エクスネス)の有効証拠金の計算方法

有効証拠金とは、口座内の残高・含み益・含み損の合計額の事を指します。

Exness(エクスネス)における、有効証拠金の算出は以下の計算式を使って算出することができます。

有効証拠金=証拠金+現時点での含み益-現時点での含み損

例えば、10万円を入金してトレードを始め、現在+3万円の含み益が出ているポジションと、-1万円の含み損が出ているポジションを保有しているとします。

この場合の有効証拠金は以下の通りです。

10万円(証拠金)+3万円(現時点での含み益 -1万円(現時点での含み損)=12万円(有効証拠金)

もちろん、ポジションを保有している場合はそのポジションの含み益や含み損の額は変化し続けるので、ポジションを保有している際に有効証拠金を算出して、また別の大きなポジションを取ることは危険です。

\ 無制限レバレッジはココだけ /

Exness(エクスネス)の証拠金維持率の計算方法

証拠金維持率とは、保有しているポジションの必要証拠金に対する証拠金の割合のことを指します。

証拠金維持率は、自分が保有しているポジションが業者によって定められたロスカット水準に対して、どれくらいの水準にあるかを判別するのに役立ちます。

Exness(エクスネス)における、証拠金維持率の算出は以下の計算式を使って算出することができます。

証拠金維持率(%)=有効証拠金÷必要証拠金×100

例えば、口座に10万円を入金し、1ドル=150円のときにレバレッジ100倍で1ロット買いでエントリーしたとします。

この場合の必要証拠金は、150,000円です。

従ってこの場合の証拠金維持率は以下の通りです。

100,000円(有効証拠金)÷150,000円(必要証拠金)×100=66.6%(証拠金維持率)

この66.6%という数値が、FX業者によって定められたロスカット水準を下回るとポジションが強制的に決済される仕組みになっています。

つまり、Exnessのロスカット水準は0%なので、資金がゼロになると強制ロスカットされるということですね。

\ 無制限レバレッジはココだけ /

Exness(エクスネス)の証拠金維持率必要証拠金有効証拠金に関するよくある質問

Exness(エクスネス)の証拠金維持率必要証拠金有効証拠金に関してよくある質問とその回答をまとめました。

Exnessの証拠金維持率とは何ですか?

Exnessの証拠金維持率とは、保有しているポジションの必要証拠金に対する証拠金の割合のことを指します。

Exnessの必要証拠金とは何ですか?

Exnessの必要証拠金とは、ある特定の通貨取引量とレバレッジを用いてトレードをする際に必要な証拠金額のことを指します。

Exnessの有効証拠金とは何ですか?

Exnessの有効証拠金とは、口座内の残高・含み益・含み損の合計額の事を指します。

Exnessの証拠金維持率の計算方法を教えてください。

Exnessの証拠金維持率の計算方法は「証拠金維持率(%)=有効証拠金÷必要証拠金×100」です。

Exnessの必要証拠金の計算方法を教えてください。

Exnessの必要証拠金の計算方法は「必要証拠金(円) =為替レート×ロット数÷レバレッジ」です。

Exnessの有効証拠金の計算方法を教えてください。

Exnessの有効証拠金の計算方法は「有効証拠金=証拠金+現時点での含み益-現時点での含み損」です。

Exness(エクスネス)の証拠金維持率必要証拠金有効証拠金に関するまとめ

Exness(エクスネス)に限らずFXトレードをする上で、証拠金維持率必要証拠金有効証拠金の定義と計算方法は非常に重要です。

海外FX業者で口座開設をして実際にトレードを始めるとなると、入金額に加えて新規口座開設ボーナスや入金ボーナスなどといった出金できないクレジットが追加されます

Exnessのボーナスキャンペーンは今まで開催されたことがないので、Exnessを使う場合はこれらの計算が複雑になることはありませんが、ボーナスがたくさんある海外FX業者を使うときは要注意です。

ボーナスは自分の証拠金が増えたような錯覚を起こしますが、ボーナスは出金できないのでそれに惑わされず、正確に証拠金維持率・必要証拠金・有効証拠金の計算をしなければなりません。

ボーナスに騙されるくらいなら、業界トップクラスのトレード環境を提供してくれるExnessを使うことを私は圧倒的におすすめします

\ 無制限レバレッジはココだけ /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

raoのアバター rao 海外FX歴5年の兼業トレーダー

ハイレバレッジや豪華なボーナスキャンペーンを開催している「海外FX」ですが安全性の見極めは必須です。実体験をもとに厳選された海外FX業者のみをご紹介します。

コメント

コメントする

目次