MENU

Exness(エクスネス)の禁止事項は2つだけ|口座凍結や出金拒否になる条件

無制限レバレッジ圧倒的に狭いスプレッド全223種類の豊富な取引銘柄などといった、海外FX業者の中で最高レベルのトレード環境を提供しているExness(エクスネス)

海外FX業者は、基本的にハイレバレッジを提供しているため禁止事項規約違反に該当する行為が数多くあるのですが、Exnessはこれだけの機能を兼ね備えていながらも、禁止事項がたったの2つしかありません

Exnessライブチャット
Exnessに実際に問い合わせてみました

本記事では、実際にExnessのサポートに問い合わせた上で禁止事項に該当する、該当しない行為を完全解説します!

【読みたいところまでスキップ!】

それでは順に解説します。

\ 無制限レバレッジはココだけ /

目次

Exness(エクスネス)の2つの禁止事項

Exness(エクスネス)の禁止事項・規約違反は以下の2つです。

それぞれを順に解説します!

自己アフィリエイト(IB)を経由した取引

Exnessには、Exnessパートナーズというアフィリエイトプログラムが存在します。

Exnessパートナーズ
Exnessパートナーズ

パートナーズ会員に登録すると、専用のExnessの口座開設のリンクを受け取ることができ、そのリンクを経由して誰かが口座開設をしてくれたら、紹介料として報酬がもらえるという仕組みです。

この報酬システムのことを「IB報酬」と言います。

その口座開設者がトレードをするたびに、スプレッドの一部を報酬として受け取ることができます。

つまり、このシステムを悪用すればキャッシュバックのような形で報酬を受け取ることができるというわけです。

そしてこのIB報酬を悪用した取引をExnessは禁止しています

IB報酬を悪用した取引は禁止事項規約違反に該当するので、行為が発覚した際は出金拒否や口座凍結などの重いペナルティが課される可能性が高いです。

Exnessライブチャット

自己アフィリエイトを悪用した取引はExnessに限らず、XMTradingFXGTなどの大手海外FX業者でも禁止されているので注意しましょう!

レート遅延・サーバーエラーを狙った取引

Exnessに限らず海外FX業者ではレート遅延・サーバーエラーが発生することがあります。

例えば、戦争や自然災害などといった世界経済に重大な影響を及ぼす可能性が大きいイベントが発生したときは注文が殺到して、レート遅延やサーバーエラーが発生することがあります。

何をもって「レート遅延・サーバーエラーを狙った取引」と定義するかは不明ですが、Exnessはレート遅延・サーバーエラーを狙った取引を禁止しています

Exnessライブチャット

定義が曖昧なだけだけに、レート遅延・サーバーエラーを狙った取引に該当する行為をしてしまった際は、制限・規制が課されるとのことでした。

システムの欠点を狙うような明らかに悪質な取引さえしなければ問題ないと思います。

\ 無制限レバレッジはココだけ /

Exness(エクスネス)では禁止されていない行為

Exness(エクスネス)では禁止されていないけど、他の海外FX業者で禁止されている行為・規約違反に該当する行為は以下の6つです。

ただし、Exness以外の全ての海外FX業者に当てはまるというわけではないので、目安として把握しておきましょう!

別の口座間・知人間・他業者間での両建て

Exnessでは禁止されていませんが、他の海外FX業者は別の口座間・知人間・他業者間での両建てを禁止しているケースがほとんどです。

それぞれを順に解説します!

両建てとは同じ通貨ペアの「買いポジション」と「売りポジション」を同時に保有することです。

FXの両建てとは?具体的な使い方と取引に推奨されていない理由|みんなのFX (min-fx.jp)

別の口座間での両建て

Exnessに限らず、海外FXでは一つのアカウントで複数の口座を開設することができます

また、海外FXは様々な口座タイプがあり、口座タイプによってスプレッドスワップポイントが異なります。

トレーダーがそのような性質を利用して利益を上げることを防ぐために、別の口座間での両建てを禁止しているということです。

しかし、Exnessでは別の口座間での両建ては禁止されていません

知人・家族間での両建て

ほとんどの海外FX業者は自分と知人、自分と家族の間などといった第三者間での両建てを禁止しています。

この行為を禁止している理由は「別の口座間での両建て」と同様であると考えられます。

禁止事項・規約違反に分類しているということは、過去にバレた人がいるという意味です。

しかし、Exnessでは知人・家族間での両建ては禁止されていません

他の海外FX業者間での両建て

他の海外FX業者間での両建てとは例えば、ExnessとXMの間で両建てをするというような行為です。

Exnessでドル円の買いポジションを持って、同時にXMでドル円の売りポジションを持つということですね。

Exnessでは他の海外FX業者間での両建ては禁止されていませんが、もう片方の海外FX業者が禁止している場合は注意が必要です。

Exnessで出金拒否や口座凍結になる可能性はありませんが、もう片方の海外FX業者で出金拒否や口座凍結になる可能性があるということです。

スキャルピングトレード

近年では、スキャルピングトレードを禁止している海外FX業者は少なくなってきていますが、稀にスキャルピングを禁止している海外FX業者が存在します。

しかし、Exnessではスキャルピングトレードでの両建ては禁止されていません

スキャルピングとは、数秒から数分程度の極端に短い時間に、何度も売買を繰り返して利益を積み重ねるトレード手法。

スキャルピング|証券用語解説集|野村證券 (nomura.co.jp)

裁定取引・アービトラージ取引

ほとんどの海外FX業者は裁定取引・アービトラージ取引を禁止しています。

とはいえ、裁定取引・アービトラージ取引は銀行や証券会社でトレードをしているような上級者がするようなハイレベルの取引です。

Exnessでは裁定取引・アービトラージ取引を禁止していませんが、裁定取引・アービトラージ取引をする機会はないでしょう。

裁定取引(アービトラージ)とは、同一の価値を持つ商品の一時的な価格差(歪み)が生じた際に、割高なほうを売り、割安なほうを買い、その後、両者の価格差が縮小した時点でそれぞれの反対売買を行うことで利益を獲得しようとする取引のこと。

裁定取引/アービトラージ│初めてでもわかりやすい用語集│SMBC日興証券 (smbcnikko.co.jp)

ゼロカットシステムを利用した取引

ゼロカットシステムとは、強制ロスカットだけでは顧客の資金を守り切れなかったときに発動するシステムで、顧客に追証が発生するのを防ぐためにあるシステムです。

相場のボラティリティ(変動幅)が大きいときに、ハイレバレッジでトレードをしたら、大きな利益を得る可能性もありますが、逆に大きな損失を被る可能性もあります。

本来であれば追証が発生するような損失を被っても、ゼロカットシステムがあればFX業者側が負担してくれます。

つまり、この性質を利用して損失を証拠金額以内に収めて、ハイレバレッジでトレードを繰り返すことができます。

トレーダーに何度もゼロカットシステムを利用されると、FX業者側は損失を被ります。

Exnessではゼロカットシステムを利用したトレードを禁止していませんが、これを禁止している海外FX業者がほとんどです。

【Exnessの追証・ゼロカットシステムについて徹底解説した記事はこちら!】

窓開け・窓埋めを狙った取引

FXトレードの世界には窓開け・窓埋めトレードといったトレード手法が存在します。

窓開け・窓埋め

仮想通貨を除いた外国為替や株式市場は土日は市場が休みで、トレードをすることができません。

その休み明けに「窓開け」といって、この画像のように価格の乖離現象が起こることがあります。

トレードの世界では「開けた窓を埋めに行く可能性が高い」と言われています。これが窓埋めです。

この窓埋めを狙ったトレードを禁止している海外FX業者が存在します。

しかし、Exnessでは窓開け・窓埋めを狙ったトレードを禁止していないので、試しに窓埋めを狙ってトレードしてみるのも面白いかもしれませんね。

ちなみにFX歴3年の筆者は窓埋めトレードをしたことはありません!

経済指標発表前後のハイレバレッジ取引

市場の価格変動に大きな影響を与える要素の一つに、経済指標の発表があります。

例えば、アメリカの雇用統計や消費者物価指数(CPI)の発表などといったものです。

経済指標発表の前後は、多くのトレーダーがその結果を踏まえてトレードをするのでボラティリティ(変動幅)が非常に大きくなることがほとんどです。

ほとんどの海外FX業者は、そのボラティリティを狙って一か八かでハイレバレッジでトレードをすることを禁止しています。

経済指標発表前後のハイレバレッジトレードを言い換えれば「ゼロカットシステムの悪用」でもあります。

しかし、Exnessでは経済指標発表前後のハイレバレッジ取引は禁止されていないので、無制限レバレッジで経済指標発表前後にトレードをしたとしても出金拒否や口座凍結などのペナルティを課されることはありません!

とはいえ、再現性があるトレード手法ではないのでおすすめはしません。

\ 無制限レバレッジはココだけ /

Exness(エクスネス)の禁止事項に関するよくある質問

Exness(エクスネス)の禁止事項に関するよくある質問とその回答をまとめました!

Exness(エクスネス)の禁止事項・規約違反に該当する行為は何ですか?

Exnessの禁止事項・規約違反に該当する行為は「自己アフィリエイト(IB)を経由した取引」と「レート遅延・サーバーエラーを狙った取引」です。

Exness(エクスネス)の禁止事項・規約違反に触れるとどうなりますか?

機能の制限・出金拒否・口座凍結などのペナルティが課せられる可能性があります。

Exness(エクスネス)で自己アフィリエイト(IB)を経由した取引は禁止されていますか?

はい、Exnessで自己アフィリエイト(IB)を経由した取引は禁止されています。

Exness(エクスネス)でレート遅延・サーバーエラーを狙った取引は禁止されていますか?

はい、Exnessでレート遅延・サーバーエラーを狙った取引は禁止されています

Exness(エクスネス)で同一口座内・知人間・他業者間での両建て取引は禁止されていますか?

いいえ、Exnessでは全ての両建て取引が許可されています。

Exness(エクスネス)でスキャルピングトレードは禁止されていますか?

いいえ、Exnessでスキャルピングトレードは禁止されていません。

Exness(エクスネス)で裁定取引・アービトラージ取引は禁止されていますか?

いいえ、Exnessで裁定取引・アービトラージ取引は禁止されていません。

Exness(エクスネス)でゼロカットシステムを利用した取引は禁止されていますか?

いいえ、Exnessでゼロカットシステムを利用した取引は禁止されていません。

Exness(エクスネス)で窓開け・窓埋めを狙った取引は禁止されていますか?

いいえ、Exnessで窓開け・窓埋めを狙った取引は禁止されていません。

Exness(エクスネス)で経済指標発表前後のハイレバレッジ取引は禁止されていますか?

いいえ、Exnessで経済指標発表前後のハイレバレッジ取引は禁止されていません。

Exness(エクスネス)の禁止事項に関するまとめ

Exness(エクスネス)の禁止事項・規約違反に該当する行為は「自己アフィリエイト(IB)を経由した取引」と「レート遅延・サーバーエラーを狙った取引」だということがわかりました。

無制限レバレッジ・圧倒的に狭いスプレッド・全223種類の豊富な取引銘柄などといった、海外FX業者の中で最高レベルのトレード環境を提供しているExnessは、どこまでもトレーダーのためを思った運営をしているのですね

数多くの海外FX業者について知識を深めてきた筆者ですが

Exnessが海外FX業者の中で最も優れているといっても過言ではありません。

Exnessのような最高な環境でトレーダーすることができる海外FX業者はそう簡単に存在しません。

海外FXで億トレーダーを目指すならExness一択でしょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

raoのアバター rao 海外FX歴5年の兼業トレーダー

ハイレバレッジや豪華なボーナスキャンペーンを開催している「海外FX」ですが安全性の見極めは必須です。実体験をもとに厳選された海外FX業者のみをご紹介します。

コメント

コメントする

目次