MENU

HFMの全5種類の口座タイプ比較|メリット・デメリットを踏まえおすすめを厳選

HFMarketsは、セント口座ゼロ口座プロ口座プレミアム口座トップアップボーナス口座の合計5種類の口座タイプを提供しています。

それぞれの口座タイプごとに、メリットデメリットなどの特徴があり、自分にとって最適な口座タイプを選ぶにはそれらを把握しなければなりません

従って本記事では、全ての口座タイプのメリット・デメリットを踏まえた上で、各口座タイプのおすすめの使い方を徹底解説します

気になる口座タイプにスキップ

\ 最大67万円の入金ボーナス開催中 /

目次

HFMの口座タイプ比較一覧表

テキストリンクから気になる口座タイプにスキップ!

スクロールできます
口座タイプセント口座ゼロ口座プロ口座プレミアム
口座
トップアップ
ボーナス口座
取引銘柄為替
貴金属






為替
貴金属
仮想通貨
株式
株式指数
エネルギー
コモディティ
債権
ETF
為替
貴金属
仮想通貨
株式
株式指数
エネルギー
コモディティ
債権
ETF
為替
貴金属
仮想通貨
株式
株式指数
エネルギー
コモディティ
債権
ETF
為替
貴金属
仮想通貨
株式
株式指数
エネルギー
コモディティ
債権
ETF
取引プラットフォームMT4
MT5
MT4
MT5
MT4
MT5
MT4
MT5
MT4
MT5
公式アプリ対応対応対応対応対応
対応通貨米セント米ドル
ユーロ
日本円
ナイラ
米ドル
ユーロ
日本円
ナイラ
米ドル
ユーロ
日本円
ナイラ
米ドル
ユーロ
日本円
ナイラ
最小スプレッド1.2pips0pips0.6pips1.2pips1.4pips
1ロットの取引量1,000通貨100,000通貨100,000通貨100,000通貨100,000通貨
最小ロット数0.01ロット0.01ロット0.01ロット0.01ロット0.01ロット
最大ロット数200ロット60ロット60ロット60ロット60ロット
最大ポジション数150500500500500
最大レバレッジ2,000倍2,000倍2,000倍2,000倍1,000倍
最低入金額なしなし13,000円なしなし
マージンコール50%50%50%50%50%
ロスカット水準20%20%20%20%20%
取引手数料なしありなしなしなし
スワップフリーありありありありなし
ボーナス対象外対象外対象外対象外対象
引用:HFMの取引口座比較

HFMarketsは、合計で5種類の口座タイプを提供しています。

口座タイプの数が多いのに加えて、最大レバレッジ2,000倍仮想通貨から債券ETFまで取引することができるという点は、海外FX業者の中でも優れたポイントです。

また、プロ口座以外の最低入金額が設定されていないという点や、ロスカット水準が一律で20%という点を踏まえると、海外FX初心者にも易しいスペックであると言えますね!

それでは、各口座タイプごとの特徴を踏まえ、メリットデメリットを解説していきます!

\ 最大67万円の入金ボーナス開催中 /

HFMのセント口座のメリット・デメリット

HFMarketsのセント口座の特徴を踏まえた上で、メリット・デメリットを解説します。

それぞれを順に見ていきましょう!

セント口座の特徴一覧表

HFMのセント口座
口座タイプセント口座
取引銘柄為替
貴金属
取引プラットフォームMT4
MT5
公式アプリ対応
対応通貨米セント
最小スプレッド1.2pips
1ロットの取引量1,000通貨
最小ロット数0.01ロット
最大ロット数200ロット
最大ポジション数150
最大レバレッジ2,000倍
最低入金額なし
マージンコール50%
ロスカット水準20%
取引手数料なし
スワップフリーあり
ボーナス対象外
セント口座の特徴

HFMのセント口座の特徴は、アメリカの通貨の単位である「米セント」のみが入金が可能であり、1ロットの通貨量が1,000通貨と、他の口座タイプと比較して100分の1のロット数であることです。

つまり、セント口座はFXをしたことがない超初心者向けの口座タイプです!

しかし、初心者向けの口座タイプとはいうものの、日本円の入金には対応していないので、ほとんどの日本人にとって使いにくい口座タイプです。

海外FXで「1ロット=1,000通貨」でリスクを抑えて練習をしたいという方は、同じ海外FXのXMTradingのマイクロ口座を使ってみてください!

セント口座のメリット

セント口座のメリット
  • 国内FX以上にリスクを抑えてトレードをすることができる
  • 最大レバレッジ2,000倍である程度の利益を狙うこともできる

HFMのセント口座の1ロットの通貨量は1,000通貨で、この数値は国内FXよりも低い数値です。

ほとんどの国内FXは「1ロット=10,000通貨」に設定されています。

つまりセント口座は、HFMの他の口座タイプの100分の1、国内FXの10分の1のリスクでトレードをすることができるということです。

また、セント口座の最大レバレッジは2,000倍に設定されているので、少額でも大きなロットでトレードをすることができるので、ある程度の利益は狙えます。

セント口座のデメリット

セント口座のデメリット
  • 日本円の入金に対応していない
  • 他の口座タイプでも十分にリスクを限定できる

セント口座の最大のデメリットは、日本円の入金に対応していないという点です。

クレジットカードで入金をすれば、日本円から米セントに両替をして入金をすることができますが、もちろんカード側に支払う両替手数料が発生します。

正直なところ、両替手数料を負担してまでセント口座を使うメリットはありません

また、セント口座以外の口座タイプではリスクを抑えることができないと思われがちですが、最小ロット数が0.01ロットであれば、1,000通貨でトレードをすることができます

1,000通貨であれば、1pipsの損益幅は10円です。十分にリスクを限定することができますよね。

従って筆者は、初心者の方であってもセント口座を開設することはおすすめしません

HFMのゼロ口座のメリット・デメリット

HFMarketsのゼロ口座の特徴を踏まえた上で、メリット・デメリットを解説します。

それぞれを順に見ていきましょう!

ゼロ口座の特徴一覧表

HFMのゼロ口座
口座タイプゼロ口座
取引銘柄為替
貴金属
仮想通貨
株式
株式指数
エネルギー
コモディティ
債権
ETF
取引プラットフォームMT4
MT5
公式アプリ対応
対応通貨米ドル
ユーロ
日本円
ナイラ
最小スプレッド0pips
1ロットの取引量100,000通貨
最小ロット数0.01ロット
最大ロット数60ロット
最大ポジション数500
最大レバレッジ2,000倍
最低入金額なし
マージンコール50%
ロスカット水準20%
取引手数料あり
スワップフリーあり
ボーナス対象外
ゼロ口座の特徴

HFMのゼロ口座の特徴は、スプレッドが狭いのに対して取引手数料が発生するという点です。

HFMに限らず、海外FX業者はこのような取引手数料が発生する口座タイプを用意している業者が多く存在します。

ゼロ口座の取引手数料
ゼロ口座の取引手数料

その理由は、スプレッドを経費で落とすことはできないのに対して、取引手数料は経費で落とすことができるからです。

また、ゼロ口座のメリットで詳しく解説はしますが、スプレッドではなく固定された取引手数料を負担することによって、取引コストが低くなる場合があります

それでは、ゼロ口座のメリット・デメリットを見ていきましょう!

\ 最大67万円の入金ボーナス開催中 /

ゼロ口座のメリット

ゼロ口座のメリット
  • ロット数が多い場合は取引コストが低くなる
  • 豊富な取引銘柄をトレードすることができる

ゼロ口座の特有のメリットは、スプレッドが狭い代わりに取引手数料が発生するという点です。

ゼロ口座は1ロット(10万通貨)でエントリーをし決済をするのに、合計で6ドル相当の取引手数料が発生します。

つまり、取引する際のロット数が大きい場合に、スプレッドではなく固定の取引手数料を負担することによって取引コストを抑えることができます

では「どのような場合にゼロ口座がお得になるの?」という疑問を解決するために、HFMのプレミアム口座ゼロ口座でユーロドル(EURUSD)をトレードした場合の取引コストを計算していきましょう!

HMFの公式サイトを参考に、ユーロドルにおけるプレミアム口座のスプレッドは1.6pips、ゼロ口座のスプレッドは0.1pips、取引手数料は6ドル(900円)で計算をしました。

ロット数(取引量)プレミアム口座ゼロ口座
0.5ロット800円950円
1.0ロット1,600円1,000円
1.5ロット2,400円1,050円
2.0ロット3,200円1,100円
2.5ロット4,000円1,150円
3.0ロット4,800円1,200円
3.5ロット5,600円1,250円
4.0ロット6,400円1,300円
1ロット=10万通貨

今回は平均スプレッドが1.6pipsのユーロドルで計算をしましたが、取引銘柄はもちろんのこと、時間帯によってスプレッドは異なります

つまり筆者が、具体的なロット数を指摘した上で、その条件を満たせばお得になるとは言い切れないということです。

ただし、HFMのプレミアム口座は他の海外FX業者のスタンダード口座と比較すると、スプレッドが広いので、平均1ロット以上でトレードをする人は取引コストが低く済む可能性が高いです

従って、自分のトレード履歴をさかのぼって、トレードの平均的な取引量を計算することをおすすめします。

ゼロ口座のデメリット

ゼロ口座のデメリット
  • 取引量が少ない場合は損をする
  • 平均的な取引量の計算をし把握しなければならない

ゼロ口座のスプレッドがHFMの口座タイプの中で最も狭いからという理由で、ゼロ口座で口座開設をしてトレードをすると、実は余分に取引コストを負担していたということが起こりかねません。

ゼロ口座のデメリットを打消し、メリットを最大限に享受するには、自分のトレードスタイルを確立し、毎回のトレードのロット数を把握しなければなりません。

トレード手法やスタイルが定まっていない初心者の方には使いこなせない口座タイプです。

FX初心者だけど取引コストを抑えたい」という方は、次に解説する「プロ口座」をおすすめしますよ!

HFMのプロ口座のメリット・デメリット

HFMarketsのプロ口座の特徴を踏まえた上で、メリット・デメリットを解説します。

それぞれを順に見ていきましょう!

プロ口座の特徴一覧表

HFMのプロ口座
口座タイププロ口座
取引銘柄為替
貴金属
仮想通貨
株式
株式指数
エネルギー
コモディティ
債権
ETF
取引プラットフォームMT4
MT5
公式アプリ対応
対応通貨米ドル
ユーロ
日本円
ナイラ
最小スプレッド0.6pips
1ロットの取引量100,000通貨
最小ロット数0.01ロット
最大ロット数60ロット
最大ポジション数500
最大レバレッジ2,000倍
最低入金額13,000円
マージンコール50%
ロスカット水準20%
取引手数料なし
スワップフリーあり
ボーナス対象外
プロ口座の特徴

HFMのプロ口座は、スプレッドが狭い上に取引手数料が発生しないという取引コストを抑えることに特化した口座タイプです。

ゼロ口座プロ口座が、取引コストを低く抑えたいトレーダーのために提供されている口座タイプです。

ゼロ口座のメリットで解説をしましたが、取引量が多い場合はゼロ口座の方が取引コストを低く抑えることができて、取引量が少ない場合はプロ口座の方がお得になります。

プロ口座のスプレッドを踏まえつつメリット・デメリットを見ていきましょう!

\ 最大67万円の入金ボーナス開催中 /

プロ口座のメリット

プロ口座のメリット
  • 「低スプレッド×取引手数料無料」の低コスト
  • 豊富な取引銘柄をトレードすることができる

やはりプロ口座のメリットと言えば、スプレッドが狭いのにも関わらず取引手数料が発生しないという点です。

プロ口座のメリットを感じてもらうために、HFMの口座タイプのスプレッドを比較してみました!

スクロールできます
取引銘柄プロ口座ゼロ口座その他
USDJPY0.6pips0.1pips1.9pips
EURUSD0.6pips0.1pips1.6pips
GBPUSD0.7pips0.1pips2.2pips
XAUUSD0.19ドル0.0ドル0.28ドル
BTCUSD76ドル76ドル76ドル
口座タイプごとのスプレッド

ゼロ口座が最もスプレッドが狭いですが、ゼロ口座はスプレッドに加えて取引手数料が発生します。

プロ口座は、プレミアム口座・セント口座・トップアップボーナス口座と比較すると、半分以下のスプレッドでトレードをすることができます

仮想通貨のスプレッドは全ての口座タイプで同じスプレッドですが、為替やゴールドをメインで取引をするならば、非常に優れた口座タイプだと言えますね!

プロ口座のデメリット

プロ口座はHFMの口座タイプの中で唯一入金最低額が設定されています

しかし、プロ口座の最低入金額はたったの13,000円です。

他の口座タイプには、その口座特有のデメリットが存在するのですが、プロ口座だけは、もはやデメリットすら存在しません

つまり、全ての口座タイプのメリット・デメリットを考慮すると、HFMの口座タイプの中で最も優れた口座タイプは間違いなく「プロ口座」以外にありません。

結論を先に述べると、筆者がおすすめする口座タイプはプロ口座です。

この時点で既にプロ口座を開設しようと心に決めた方は以下のボタンから口座開設をしてください。

一方で「全ての口座タイプの特徴を見てから決めたい」という方はこのまま読み続けてくださいね!

\ 最大67万円の入金ボーナス開催中 /

HFMのプレミアム口座のメリット・デメリット

HFMarketsのプレミアム口座の特徴を踏まえた上で、メリット・デメリットを解説します。

それぞれを順に見ていきましょう!

プレミアム口座の特徴一覧表

HFMのプレミアム口座
口座タイププレミアム口座
取引銘柄為替
貴金属
仮想通貨
株式
株式指数
エネルギー
コモディティ
債権
ETF
取引プラットフォームMT4
MT5
公式アプリ対応
対応通貨米ドル
ユーロ
日本円
ナイラ
最小スプレッド1.2pips
1ロットの取引量100,000通貨
最小ロット数0.01ロット
最大ロット数60ロット
最大ポジション数500
最大レバレッジ2,000倍
最低入金額なし
マージンコール50%
ロスカット水準20%
取引手数料なし
スワップフリーあり
ボーナス対象外
プレミアム口座の特徴

HFMのプレミアム口座は、海外FX業者のスタンダード口座と同じ類の口座タイプです。

プレミアム口座は最もオーソドックスな口座タイプで、目立った特徴がなく初心者から上級者までが満足することができるという特徴を兼ね備えています。

他の海外FX業者のスタンダード口座であれば、口座開設ボーナス入金ボーナスなどといった、豊富なボーナスを受け取ることができることが多いのですが、HFMのプレミアム口座はそうではありません。

正直なところ、メリットがないどころか相対的なデメリットが複数存在します。

それぞれを順に見ていきましょう!

\ 最大67万円の入金ボーナス開催中 /

プレミアム口座のメリット

プレミアム口座のメリットは、豊富な取引銘柄をトレードをすることができるということだけです。

とはいうものの、HFMはセント口座以外の全ての口座タイプで、同じ取引銘柄をトレードすることができます。

つまり、プレミアム口座特有のメリットではないということです。

正直なところ、どこが「プレミアム」なのかを教えてほしいほど、メリットが存在しません。

プレミアム口座のデメリット

プレミアム口座のデメリット
  • スプレッドが広い
  • メリットがない

HFMのプレミアム口座は、トップアップボーナス口座とセント口座のスプレッドと同じスプレッドですが、他の海外FX業者と比較するとスプレッドが広いです。

筆者が頻繫に取引する外国為替・ゴールド・仮想通貨のスプレッドは、筆者が長年愛用している”XMTrading“のスタンダード口座より広い結果となりました。

スプレッドが広い上に、プレミアム口座特有のメリットが存在しないのであれば、HFMのプレミアム口座を使う必要はありません

海外FXのスタンダード口座が使いたいという方は、HFMではなくXMのスタンダード口座を開設することをおすすめします。

XMのスタンダード口座を使う上で、XMの安全性・信頼性を知りたいという方はこちらの記事を読んだ後に、口座開設を検討してくださいね!

HFMのトップアップボーナス口座のメリット・デメリット

HFMarketsのトップアップボーナス口座の特徴を踏まえた上で、メリット・デメリットを解説します。

それぞれを順に見ていきましょう!

トップアップボーナス口座の特徴一覧表

HFMのトップアップボーナス口座
口座タイプトップアップボーナス口座
取引銘柄為替
貴金属
仮想通貨
株式
株式指数
エネルギー
コモディティ
債権
ETF
取引プラットフォームMT4
MT5
公式アプリ対応
対応通貨米ドル
ユーロ
日本円
ナイラ
最小スプレッド1.4pips
1ロットの取引量100,000通貨
最小ロット数0.01ロット
最大ロット数60ロット
最大ポジション数500
最大レバレッジ1,000倍
最低入金額なし
マージンコール50%
ロスカット水準20%
取引手数料なし
スワップフリーなし
ボーナス対象
トップアップボーナス口座の特徴

トップアップボーナス口座は、HFMの口座タイプの中で唯一「入金ボーナス」を受け取ることができる口座タイプです。

HFMは最大67万円の20%入金ボーナスを開催していますが、低資金でボーナスを利用してトレードをしたい場合はトップアップボーナス口座を使うしかないということです。

トップアップボーナス口座のスプレッドや取引銘柄などのその他のスペックは、他の口座タイプと変わりありません。

それではメリット・デメリットを見ていきましょう!

\ 最大67万円の入金ボーナス開催中 /

トップアップボーナス口座のメリット

トップアップボーナス口座のメリット
  • 入金ボーナスを受け取ることができる
  • 豊富な取引銘柄をトレードすることができる

トップアップボーナス口座のメリットは、HFMの口座タイプの中で唯一入金ボーナスを受け取ることができるという点です。

20%入金ボーナスを利用して資金力を底上げした後に、豊富な取引銘柄をトレードすることができます。

HFMでどうしてもボーナスを受け取ってトレードをしたいという人にはおすすめすることができます

トップアップボーナス口座のデメリット

トップアップボーナス口座のデメリット
  • スプレッドが広い
  • 他の海外FX業者と比較するとボーナスが微妙

HFMは口座開設ボーナスキャンペーンを開催していない上に、入金ボーナスは入金額に対してたったの20%しか受け取ることができません

HFM以外の海外FX業者を使用したことがある方ならわかることですが、HFMの入金ボーナスはかなり微妙です。

筆者が愛用するXMであれば、入金不要の13,000円分の口座開設ボーナスに加えて、100%入金ボーナス、20%入金ボーナスを常時開催しています

つまり、ボーナスが微妙な上にスプレッドが広いトップアップボーナス口座を使う意味はないということです。

豪華なボーナスキャンペーンを受け取りたい方は、XMで口座開設をすることをおすすめします。XMのボーナスについて詳しく解説した記事があるので、気になる方は以下の記事をご覧ください。

それでは最後に、HFMの全5種類の口座タイプのメリット・デメリットを踏まえた上で、おすすめの口座タイプを紹介します

HFMのおすすめの口座タイプ

ここまでHFMの全5種類の口座タイプのメリット・デメリットを解説してきましたが、その中で筆者がおすすめする口座タイプは2種類あります。

それぞれを順に見ていきましょう!

初心者に最適なプロ口座

プロ口座は、スプレッドが狭い上に取引手数料が発生しないという唯一のスペックを兼ね備えています。

また、取引銘柄においても、非常に豊富な銘柄を取引することができるので、自分が得意な銘柄を吟味することができます。

様々な銘柄を何十回とトレードすると、スプレッドの負担も軽視できないほどの金額になります。

従って取引コストを抑えるためにも、HFMの口座タイプを選ぶのに迷ったら、とりあえず「プロ口座」を開設しておけば間違いありません

ロット数多めの中級者以上のトレーダーに最適なゼロ口座

ゼロ口座のメリットで解説をしましたが、ゼロ口座はトレードをする際のロット数(取引量)が多い場合に、プロ口座よりも取引手数料を低く抑えることができます

HFMのゼロ口座の取引手数料は、1ロットのトレードにつき往復で6ドルと、海外FX業者の中では比較的低く設定されています。

スプレッドが狭く取引手数料が低いならば、HFMのゼロ口座を使うメリットは大きいです。

従って、HFMで口座開設をする場合は、初心者の方であれば「プロ口座」を開設し、それ以外の方は「ゼロ口座」を開設することをおすすめします

\ 最大67万円の入金ボーナス開催中 /

HFMの口座タイプに関するよくある質問

HFMの口座タイプに関するよくある質問とその回答をまとめました!

HFMは何種類の口座タイプがありますか?

HFMはセント口座・ゼロ口座・プロ口座・プレミアム口座・トップアップボーナス口座の5種類の口座タイプがあります。

HFMでボーナスが貰える口座タイプは何ですか?

HFMではトップアップボーナス口座のみで、20%入金ボーナスを受け取ることができます。

HFMの初心者におすすめの口座タイプは何ですか?

低スプレッド×取引手数料無料のプロ口座をおすすめします。

HFMでビットコインなどの仮想通貨を取引できる口座タイプは何ですか?

HFMは、ゼロ口座・プロ口座・プレミアム口座・トップアップボーナス口座で仮想通貨を取引することができます。

HFMでゴールド(金)を取引できる口座タイプは何ですか?

HFMは全ての口座タイプでゴールドを取引することができます。

HFMでMT4が使える口座タイプは何ですか?

HFMでは全ての口座タイプでMT4を使うことができます。

HFMでMT5が使える口座タイプは何ですか?

HFMでは全ての口座タイプでMT5を使うことができます。

HFMの口座タイプに関するまとめ

HFMarketsのセント口座・ゼロ口座・プロ口座・プレミアム口座・トップアップボーナス口座の5種類の口座タイプのメリット・デメリットを踏まえ、筆者がおすすめする口座タイプを解説してきました。

口座タイプ特有の素晴らしいメリットがあれば、メリットとは呼べないようなスペックしか兼ね備えていない口座タイプまでがありました。

HFMで口座開設をするなら、初心者はプロ口座を開設しそれ以外の中級者以上の方はゼロ口座を開設することをおすすめします。

快適なFXトレードライフを送るには、自分のトレードスタイルと相性が良い海外FX業者の口座タイプを選択しなければなりません。

利用する取引所を選ぶ際は、隅々まで調べた上で口座開設をする癖をつけてくださいね!

\ 最大67万円の入金ボーナス開催中 /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

raoのアバター rao 海外FX歴5年の兼業トレーダー

ハイレバレッジや豪華なボーナスキャンペーンを開催している「海外FX」ですが安全性の見極めは必須です。実体験をもとに厳選された海外FX業者のみをご紹介します。

コメント

コメントする

目次